読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせなら好きに生きたい

もっぱら、つぶやきをまとめるのに使ってます。嵐と翔くんについて書きたい。

嵐と「今」の話

2016.11.26

2017.1.9

 

今日の嵐にしやがれ*1での翔君のコメント「目標を立てて目標に向かって進んで行くことがキレイな人生だと思ってた。でももう立てても意味ないことが良く分かった。」について、色んな人が色んなことを考えているみたいだからわたしも便乗…。

わたしはこれ、翔くん含め嵐らしい前向きな言葉だと思ってる。

 

嵐って、全員が同じ船に乗って同じ方向を向けているのが強みだなあとよく思うんだけど、今回の発言に近いもので言うなら「今、目の前にあることを頑張れないやつが、何を頑張れるんだ(ハワイドキュメンタリー)」「これからも、これまで通り自分たちのやるべきことをやっていこう(日経エンタ2016.11)」とかじゃないかと思っていて。

目標に向かって進むのは向上心もあって素敵だけど「ああなりたい、こうなりたい」って希望する未来を自分で狭めていることでもあって。でも、きっと翔くん含め嵐は自分達の主観で取捨選択するんじゃなくて「今」を誠実に、着実にこなすことがより良い未来に繋がっていくって考えるようになったんだなあって。

それはやっぱりハワイの15周年ライブで痛切に感じたんじゃないかと思っている。だって行く前は「嵐の20周年のための布石にしたい(日経エンタ2014.7)」って言ってたのに、帰ってきたら「なんか20って数字もどーでもよくなっちゃったんだよなぁ…(中略)(15周年をあれだけの人にお祝いしてもらい、5人で初めて10日間も一緒にいるというスペシャルな時間を経たら、)目指すところは果たして20周年なのか!?って、ちょっとよく分かんなくなってきて(日経エンタ2015.6)」って。目指す目標が20周年じゃなくなってたんだよね。

ここらでようやく、「嵐を〇〇していかなきゃ」というような枷が外れたんじゃないかなと。

 

だから2014年は、未来を考えるのではなく「現時点(当時)での技術の最高峰」を寄せ集めて「嵐とファンの同時代性」を強調したDIGITALIANを作った。

2015年は「今をどう生きる?」を考えるために「(日本らしさとジャニーズらしさに)原点回帰」したJaponismを作った。

2016年は「今だからできること、嵐だからできること」を追求して「嵐が思う今の嵐」を表現したAre you happy?を作った…

 

つまりさ、冒頭の「目標を立てて目標に向かって進んで行くことがキレイな人生だと思ってた。でももう立てても意味ないことが良く分かった。」に戻るけれども、ハワイでこれからの嵐のためには今を誠実に着実に積み重ねることが大事って気付けたから、色んな方法で「今」を振り返ってみたら、やっぱり「(Are you happy?に対して)happy!」って答えられる現状、それを一緒に言える仲間がいることに改めて気付けたんじゃないかな。*2

だから、目標を立てないっていうのはこれからの嵐のために一番最適な方法を選んでいるっていう意味でとても前向きだし、実際メンバーみんなが今を大事にした結果、やっぱり色んないい仕事が舞い込んで来てるんだよね。長くなったけど、わたしはこう思ったかな。

 

(補足)

2017.1.9のZERO(「成人の日」特集)で翔くんが

私が成人式したのはちょうど15年前の事だったんですけれども、その頃にはこのような場所にいるとも、そして10年もこんな場にいられるとも想像してませんでした。ですので、夢というのは自分の想像を超えていくことがあると思いますので、新成人の皆さんには、自分の可能性を狭めることなく、チャレンジしていってもらいたいという風に思っております。

ってコメントしてくれたの、めちゃくちゃ説得力あるよね…

*1:ピースの綾部さんと翔君の隠れ家ARASHI

*2:これって結局、ハワイ前のLoveコンでのRock tonightで歌った「何があったって 今が最高って言えたら それでいいんじゃない?」にちゃんと答えてるんだなあって思うわけです!いやー、ここらへんのエピソードが物語としてほんと完璧すぎ…。