読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせなら好きに生きたい

もっぱら、つぶやきをまとめるのに使ってます。嵐と翔くんについて書きたい。

Here We Go! の話

2016.11.2

 

嵐はプレイリストを作ってシャッフルしているのだけど、たまにHere We Go!を通しで聞くと、技巧の凝らせ具合にたまらなくなる。

 

たぶんもう何億回か言われてると思うけどTheme Of Arashiの冒頭に新章開幕というか青さゆえの希望の煌めきみたいなものをまぶしておきながら(これもこれで好きなんだけど)、突然その「アイドルの定型」をびりびり破いて、肩で風を切る翔くんが現れ出てくる感じが最高すぎる。

そんでもって、後の嵐の楽曲に歌い継がれる歌詞でもあり、「嵐」がブレイクする時代の流れにも繋がる「太陽光に被る雲」がたまらない…!最高にクール。

 

…でもHere we go!で一番好きなのはTokyo Lovers Tune Night。智くんのまだ少し不安定気味な歌声がすごくいい抜け感になってて、なんかおしゃれ。これ大人になってから歌うと妙なエロさが出ちゃうけど、にのみやくんと潤くんこれ19で歌ってるんでしょ。なにそれ、かわいい。

 

IROあせないでも好き。身長差のない恋人とかに繋がっていくような、不恰好なんだけどまっすぐな思いやりがいい。若いゆえの頼りなさがいいのに「若いことが今やだよ」の歌詞があるのがまたかわいい。それから、智くんのフェイクの気持ちよさ。今と比べるとちょっと細いけど、それも曲にあってて素敵。